データ分析による課題解決に特化していること、
現場への落とし込みを重視すること、
経営者・技術者など、様々な方への説明が可能なことが弊社コンサルティングの特徴です。

特徴1. データ分析による課題解決に特化していること

データ分析による課題解決に特化しています。弊社が考えるデータとはなにか、データ分析とはなにか、についてはこちらのページをご覧ください。

データ分析とは
人工知能・データ分析コンサルティングの進め方

特徴2. 現場への落とし込みを重視すること

どんなアクションも打ち手につながらなければ意味がありません。技術分析担当者や現場の従業員への落とし込みによる施策の実施、データ収集の仕組み化を通じた継続的なデータ収集も重視しています。

どんなに優れた分析手法やアイディアがあっても、実現可能でなくては意味がありません。また、扱うデータが巨大であったり、人工知能・機械学習による分析が必要となる場合は、貴社の技術者(エンジニア)や研究者との対話も必要になります。

弊社では、技術者としての視点も持ったコンサルティングを重視しており、実際に分析のためのプログラミングなども可能なコンサルタントが業務を担当します。そのため、技術者と対話をしながら、技術的に可能なステップを整理し、具体的なアクションに落とし込むことで、次の行動につながるコンサルティングを重視しています。

実際に貴社が保有するデータを見ながら、必要に応じて新たなデータ収集の方法を提案することもあります。いまのデータで十分な成果が期待できない場合は、データの収集方法・蓄積方法についてコンサルティングを行うこともあります。

また、形式も、訪問によるプロジェクト形式、稼働率を決めた常駐形式、アドバイザー形式など、最も成果につながりやすい形式にて、コンサルティングを実施します。

特徴3. 経営者や技術者など、様々な方への説明が可能なこと

技術的な内容であればあるほど、専門家以外の方への説明は難しくなります。特に経営者向けには、ある程度の正確さを担保しながら、本質をシンプルに伝えることを重視しています。

弊社のコンサルティングは、技術的に難解な言葉を使うことのではなく、極力簡素に分かりやすく説明を行うことを重視しています。必要に応じて技術的な数字の見方などもアドバイスをします。

最終的にめざすことは、データを活用して売上を拡大することであり、そのために必要な説明を行います。これまでに、超大手企業の経営者〜最先端の技術者まで、様々な方向けのプレゼンテーションを経験してきた弊社だからこそ、可能なことです。

弊社実績

これまでのコンサルティング実績として、具体的な企業名は挙げられませんが、大手製造業、大手通信会社、広告代理店、金融、ベンチャー企業、自治体などにおいてデータ活用や人工知能技術の活用、新規事業の立上げを支援して参りました。また、マーケティング・ブランディングの専門コンサルティング企業、シンクタンク系企業、技術系ベンチャー企業数社ともプロジェクトを共同して実施しております。

また、メディア掲載実績として、DISCOVER JAPAN 2016年9月号への掲載(城崎リデザインプロジェクト)、NHKおはよう日本の特集での放映、地方創生フォーラムまちてんへの登壇(2016年12月・渋谷ヒカリエ、Travel Mine Japan参加プロジェクトのパネリストとして)などがあります。

弊社代表・武田は、エクストリームデザイン株式会社(技術系ベンチャー)、兵庫県豊岡市地方創生推進アドバイザーを兼任しております(2016年度)。



弊社では、データ分析や人工知能の活用に関するお問合せを随時受付けております。
弊社へのお問合せは info _at_ datastrategy.jp までお願いいたします。

Comments are closed.